*

寝起きに頭痛がする原因。吐き気やめまい、後頭部が痛む理由と治し方

一日の始まり、たっぷりと睡眠をとって元気に過ごしたいと思っていたのに、寝起き早々ズキズキ頭痛…朝から憂鬱な気分になってしまった経験はありませんか?

 

私は良く頭痛が起こるので、寝起きに頭痛を体験することもありますし、鎮痛剤が私のお守りのような存在となっています。中には、吐き気やめまいまで起こってしまい、仕事を休んだり、寝込んでしまうという、深刻な症状まで起こる方もいらっしゃいます。

 

何かに集中していれば忘れてしまう程度の頭痛であれば、そんなに問題はないのですが、日常生活に支障をきたしてしまう程の頭痛が何度も起こってしまうようでは、困りますよね。

 

そもそも、寝ている時は体を休めているのに、どうして頭痛が起こるのか疑問ですよね。頭痛の原因が分かれば、辛い痛みから開放される方法が分かるはず!そこで今回は、

 

●朝や昼寝の寝起きで頭痛を引き起こす原因とは?
●後頭部がズキンと痛い!重い鈍痛や首の痛みを治すには?
●吐き気やめまい、ふらふらや寒気の原因と治し方
●寝起きの頭痛で右や左のこめかみが痛い場合は?

 

この4つの項目で、目覚めの頭痛についてお話ししていきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

朝や昼寝の寝起きで頭痛を引き起こす原因とは?

眠さや疲れを解消するために睡眠をとって、スッキリするはずが起床と共に起こる頭痛…。

 

この、嫌な寝起き早々の頭痛は、眠りの深さや起きるタイミングが関係しているものと、普段抱えている肩や首のコリが原因なもの、まだ原因がハッキリと分かっていないもの、意外にも様々なことが考えられるのです。

 

この3つのパターンの頭痛は、それぞれ痛む場所、痛み方、頭痛が起こった時間やタイミングなどが違うのです。自分の頭痛の特徴を整理することで、原因が分かる場合があります。

 

寝起きに頭痛がする原因。吐き気やめまい、後頭部が痛む理由と治し方

 

後頭部がズキンと痛い!重い鈍痛や首の痛みを治すには?

この症状の頭痛は、コリが原因の場合が多いそうです。

 

普段、特にコリを感じないのに…と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、寝具が体に合っていなくて負担をかけてしまい、後頭部から首にかけて鈍い痛みを発生させてしまうということが考えられるのだそうです。

 

6

 

この頭痛が起きてしまったら、優しく肩や首をまわしてみたり、首筋をマッサージしてみてください。凝っていないと思っていても、「気持ちいい~」と感じられると思います。

 

SPONSORED LINK

 

吐き気やめまい、ふらふらや寒気の原因と治し方

吐き気を伴う頭痛は、様々な原因が考えられます。偏頭痛、ストレス、睡眠不足、月経、二日酔いなどが挙げられます。

 

ストレスに対する度合いは人によって違うので、自分で上手くコントロールしていくことが大切ですし、睡眠不足は体と脳を休める時間が不足してしまうということになります。

 

偏頭痛は女性に特に多いとされていて、男性の4倍にもなるのだそうです!また、月経中に頭痛が良く起こるという方も多く、貧血などから寒気を感じてしまうというケースもあります。

 

b9bd1d8018680c81062d720753ada996_s

 

生活習慣を見直して、睡眠を十分に取ることで軽減されると言われていますし、もし、頭痛が起きてしまった時に、血管を収縮する作用のあるコーヒーなどを飲むのも効果的です。

 

温かいコーヒーを飲むことで、寒気も和らぎますし、コーヒーの香りにはリラックス効果があります。

 

7

 

寝起きの頭痛で右や左のこめかみが痛い場合は?

この場合は、ズキズキと脈打つように痛むのが特徴の偏頭痛や、こめかみや頭全体が締め付けられるように痛む緊張型頭痛など、痛み方によって原因が違ってきます。

 

偏頭痛の原因には本当に多くのものがあって、食事や水分の摂取も挙げられています。緊張型頭痛の原因はストレスや肩コリなどが挙げられていて、CMで「肩凝り痛」と言われているのもこの頭痛です。

 

f8b440e3d3deec43e48419fed1d3e6a9_s

 

症状が出たら、偏頭痛であればいきなり室内を明るくするのはNGです。痛みが和らぐまでは、部屋を薄暗くして横になり、出来るだけ安静に過ごしましょう。保冷剤などで、痛む部分を冷やすのも効果的です。

 

緊張型頭痛の場合は、慢性的に血流が悪くなっている場合が多いので、湯船に浸かる入浴を心掛けたり、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいる方は、こまめに休憩を取って血流を滞らせないようにしましょう

 

【関連記事】
寝過ぎで頭痛の治し方。吐き気の対処法は?気持ち悪いを今すぐ解消

 

頭痛の原因として挙げられるものは、生活習慣を見直すことで改善できる項目が沢山あります。適度な睡眠、バランスの良い食事、ストレスを溜め込まずに上手に発散すること、など。

 

ホルモンバランスの乱れや月経痛も、こういったものが原因と言われていますよね。やはり、規則正しい生活が全ての要なんですね。改善できるものから取り掛かって、頭痛のない爽やかな寝起きを手に入れたいですね!

 

SPONSORED LINK

関連記事

夜型生活のデメリット。妊娠中や健康への影響は?朝方に改善する方法

夜型生活や夜型人間なんて言葉がありますよね。自身で取り上げておきながらこの言葉、かなり不健康でダーク

記事を読む

寝る前の食事は太る?寝る何時間前に食べるのが胃の消化や睡眠に良い?

眠る直前の食事、深夜の夜食…なんとも魅力的ですよね。ですが「それって太るよね!」「眠れなくなるんじゃ

記事を読む

寝過ぎで頭痛の治し方。吐き気の対処法は?気持ち悪いを今すぐ解消

休日はついつい寝過ぎてしまう、なんてことありますよね。睡眠時間をたっぷりとって、日頃の疲れもすっきり

記事を読む

睡眠時間が長い原因。病気や寿命に影響は?起きれない人の改善法

睡眠時間の不足が問題視されることの多い日本人ですが、中には長い時間眠る人も当然います。睡眠時間の長い

記事を読む

二度寝しない方法。朝寝しない防止策は?睡眠の効果と体の影響

二度寝の経験は誰にでもある事だと思います。学生の頃は早めに目覚ましをかけていても「あと五分、あと五分

記事を読む

睡眠不足症候群のチェック方法。治療や改善対策は?原因と治し方

現代の日本人に急増している「睡眠不足症候群」。この睡眠不足症候群とは、どのような症状なのでしょうか?

記事を読む

寝る前のスマホは眠りに悪い?睡眠の影響や太る原因。やめる方法は?

寝る前のスマホいじりは、やめたいけどやめられない。子供にゲームをやめなさいと叱っているのに、自分はス

記事を読む

時差ぼけの解消法。頭痛や眠れない時の治し方は?帰国後の対策まとめ

地球は丸い。そんなことを久しぶりに実感しました。急にどうしたのか!なんでそんなことを言い出したのかっ

記事を読む

仮眠方法の効果的な取り方は?徹夜や夜勤でのコツと起きれない時

仕事や勉強に追われてうっかり徹夜、日中頑張りたいのに頑張れない。そんな時ってありませんか?夜十分に眠

記事を読む

睡眠時間が短いと影響で痩せる?太る?寿命に関係は?対策と起きる方法

日本人は、世界の人の中でも睡眠時間が短いそうです。睡眠時間が短いと何かからだに影響あるのでしょうか?

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑