*

寝だめはできるか?休日の効果と意味ないか検証!頭痛がする理由

SPONSORED LINK

あなたは日常をゆったりと過ごせているでしょうか?やっとゆっくりできる時間が取れても、どのように休息すればよいのか分からない人もいるでしょう。

 

明日に備えて睡眠時間を増やし「寝だめ」をしている人もきっといますよね。でも、それが意外な落とし穴になっているかもしれないのです。

 

●寝だめはできるの?可能か教えて!
●休日や夜勤前の寝だめの効果。寝ても意味はない?
●寝すぎて頭が痛くなる理由。頭痛の原因は?

「寝だめ」は不健康なのか?検証していきましょう。

 

SPONSORED LINK

 

寝だめはできるの?可能か教えて!

現在、日本に住む私たちの大半は、1日24時間という周期の中で日の出、日の入りに関係なく時間に左右されて生きています。人はその24時間の中で長い数時間の休息「睡眠」をとるわけです。

 

この「睡眠」は、日中活動していた私たちの疲労をぬぐい取るだけではなく、活動時間に受けた様々な刺激(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)を整理するためにも必要不可欠なものなのです。

 

それらの刺激は、脳内で情報という形で正しく整理されてゆき、目覚めた時には前日の刺激による疲労が取れていて、頭(脳)がスッキリしているのです。

 

寝だめはできるか?休日の効果と意味ないか検証!頭痛がする理由

 

寝だめのようにたくさん休養をとると、脳内でたくさんの情報整理ができそうですね。起きた時にもものすごくスッキリしているかもしれません。

 

が、お察しの通り答えは「NO」です。

 

寝だめは間違った睡眠になってしまうのです。脳内に刺激が残り、情報が整理されないままボンヤリと朝を迎えることになります。

 

c5fbd16fdd70a63ca9d6b0eff6b28715_s

 

こうなると朝からの行動にもキレがなく、新しい刺激(情報)が入りづらいという現象が起こります。

 

結果、寝だめをすることはできるが、寝だめの途中で脳内の情報整理が終わり自然と目覚めるか、体があまり動かないことへの負荷がかかり、それを脳がストレスと感じてしまうのです。

 

SPONSORED LINK

 

休日や夜勤前の寝だめの効果。寝ても意味はない?

前述したように、寝だめは脳にストレスを与えてしまう場合があります。

 

休日には、散歩のような軽い運動や、聞き流せるくらいの音楽鑑賞脳のストレスを軽減してくれるのです。

 

6b7aa7aae678a228375929c80fb30115_s

 

寝すぎて頭が痛くなる理由。頭痛の原因は?

一般的に頭痛の原因として考えられるものは

  1. 精神的・肉体的ストレス

  2. 脳血管疾患などの病理的症状

  3. 睡眠障害

  4. 肩こり

 

などが挙げられます。この中でも寝すぎて頭痛がする場合は④の肩こりかもしれません。

 

睡眠中、どんなに動いたとしてもベットから転げ落ちるくらい激しい運動をすることはありませんね。体は寝かされたままの体制で6時間程度放置されることになります。

 

特に偏った姿勢でいると、筋肉が固まっていくという現象が起きます。

 

74adc51447952b2607cfefb527746111_s

 

筋肉の中を無数に走っている血管は、私たちが動くことによって筋肉の中にたくさんの血液を送ることができます。筋肉が伸縮することでポンプの役目をし、心臓のポンプ作用を助けてくれるのです。

 

では、筋肉が固まってしまうとどうなるのか?もちろん血流が悪くなっていき、筋肉の中の疲労物質が取れにくくなっていきます。血の巡りが滞ると肩こりと同じ現象が起き、それが頭痛を引き起こすのです。

 

txt29_01

 

ところが、中には①~④に当てはまらない方もいらっしゃると思います。そこにもきちんとした理由があります。

 

睡眠時にどこにも体重が偏らない姿勢、高くない枕を使っている方に起こりやすい頭痛を紹介します。

 

睡眠時、体は上手にリラックスをしているので全身の血流がよくなり、いつもよりも低い位置にある頭にも、活動時より多くの血液が送られることになります。

 

良いことだと思うのですが、これが長時間続くとこめかみの辺りに集中している血管にも、多くの血液が送り込まれ、片頭痛(頭が半分だけ痛い状態)の原因となりうるのです。

 

134f2f4ce5fd35b426f00f0e7b00720c_s

 

症状としては、こめかみの辺りから頭全体が「ズキンズキン」と拍動するような痛みを呈します。血流が多いことが原因だとわかっている場合には、こめかみの辺りを冷やすといった処置がとられます。

 

そうやって血管を収縮させ、血流を減らし、頭痛を軽減するのです。

 

 

まとめ

6b7f742538f831f37833c63ac6824198_s

寝だめができたらどんなに楽だろう…そう考えたことのある人はたくさんいらっしゃるでしょう。ですが、寝だめの効果は期待するような数値を示してはくれないようです。

 

寝だめをしたから次の日は眠たくならないか?そんなことはありませんね。

 

その日受けたたくさんの刺激を脳内で整理整頓するために、睡眠は正しく取らなければなりません。かといって、寝だめをたくさんしたから脳内の整理整頓がより多くなるということでもないようです。

 

【関連記事】

睡眠時間は3時間で大丈夫?4~5時間で目が覚める理由と健康の影響

 

128587

おすすめは「居眠り」です。個人差はありますが、30分~90分の「居眠り」をおすすめします。

 

居眠りは深い睡眠になるので、脳内で情報整理はできませんが、脳がしっかり休息することができ「30分しか寝てないのに、スッキリした!」という嬉しいことになります。経験された方も多くいらっしゃると思います。

 

私たちの体が求めている質の良い睡眠は寝だめでは得られないのです。

 

SPONSORED LINK

関連記事

不眠症のチェックリスト。うつ病と症状の違い。病院に行くなら何科?

夜なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまうといったことでお悩みの方も多いと思います。でも、た

記事を読む

寝つきが悪い時の対策。赤ちゃんの眠れない原因と寝かしつけのコツ

育児の悩みのひとつに「赤ちゃんの寝つきが悪い」というのがありますよね。 赤ちゃんがなかなか

記事を読む

眠れない時はどうする?寝れない時に寝る方法。ツボや音楽での対処法

みなさんは、なかなか眠れなかったり、夜中に目が覚めてしまって眠れなくなることはありますか?一日仕事を

記事を読む

睡眠不足症候群のチェック方法。治療や改善対策は?原因と治し方

現代の日本人に急増している「睡眠不足症候群」。この睡眠不足症候群とは、どのような症状なのでしょうか?

記事を読む

睡眠時間は3時間で大丈夫?4~5時間で目が覚める理由と健康の影響

近頃、「3時間睡眠」という言葉をよく耳にします。睡眠時間をうまくコントロールして好きなことに費やす時

記事を読む

時差ぼけの解消法。頭痛や眠れない時の治し方は?帰国後の対策まとめ

地球は丸い。そんなことを久しぶりに実感しました。急にどうしたのか!なんでそんなことを言い出したのかっ

記事を読む

寝過ぎで頭痛の治し方。吐き気の対処法は?気持ち悪いを今すぐ解消

休日はついつい寝過ぎてしまう、なんてことありますよね。睡眠時間をたっぷりとって、日頃の疲れもすっきり

記事を読む

寝つきが悪いのを良くする方法。眠れない原因は?市販薬ほか解消法

布団に入っても何だか眠れない…。寝つきが悪く、寝返りばかりで気付けば2~3時間経っていた…。こんな経

記事を読む

睡眠時間が長い原因。病気や寿命に影響は?起きれない人の改善法

睡眠時間の不足が問題視されることの多い日本人ですが、中には長い時間眠る人も当然います。睡眠時間の長い

記事を読む

寝不足で頭痛や吐き気の症状解消法。めまいや動悸をツボで治す

皆さん寝不足の時ってどうしてますか?私は寝不足だとすぐに体調を壊してしまってその日一日どうしても調子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑