*

睡眠導入剤の副作用とは?認知症や痴呆。悪夢やうつ等の影響は?

私は病院から処方された睡眠導入剤を服用しています。睡眠導入剤を飲むことによって寝つきもよくなり、睡眠不足に悩まされることも減ってきましたが不安は副作用のこと。

 

今のところ大きな副作用はありませんが、この先飲み続けることによって危険の高まる副作用はあるのでしょうか?睡眠導入剤の副作用で、認知症になる可能性も高まるということを耳にしましたがこれは本当?

 

●睡眠導入剤の副作用は多いの?少ないの?
●副作用にはどんな症状が出る?認知症の可能性は?
●睡眠導入剤は毎日飲むと危険?服用の注意点とは?
●まとめ

 

睡眠導入剤を飲むことによって、私の睡眠への悩みは減りましたがこのまま薬に頼ったままで良いのか?副作用の危険が高いのであればリスクを知っておきたいと思い、いろいろと調べてみました。

 

睡眠導入剤の副作用で認知症や痴呆になるの?悪夢やうつ病に影響あるの?など、私のように睡眠導入剤を服用又はこれから服用するかもしれない人は、副作用について気にしている人も多いのではないでしょうか?

 

私なりに理解した情報をまとめています。是非、チェックしてみてください。

 

SPONSORED LINK

 

睡眠導入剤の副作用は多いの?少ないの?

気になるのは、睡眠導入剤の副作用のこと!私は飲み始めてまだ10日ほどですが、特に今のところ副作用は感じていません。副作用は怖いので、あまり薬に頼るのは良くないのでしょうか?

 

今は薬に頼っていますが、あまりにも眠れない日が続いていたので一時的な応急処置として医師に相談の上薬を飲んでいます。心配になったので、睡眠導入剤を処方してくれた医師に、副作用について再度確認してみました!

 

睡眠導入剤の副作用とは?認知症や痴呆。悪夢やうつ等の影響は?

 

まず、睡眠導入剤の副作用について、私の飲んでいるベンゾジアゼピン系の睡眠薬ほぼ心配ないそうです。もともと、従来の眠り作用の強い睡眠薬より副作用が低くなるよう開発された薬とのこと。

 

眠りの効果が長時間持続する非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬であれば、起きている時のフラツキなど転倒のリスクが高まる副作用等もあるそうですが、今私が処方を受けているベンゾジアゼピン系の薬はその心配もほとんどないと聞き一安心♪

 

しかし、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤も、長期服用依存性が高まる副作用の危険性が高まるそうです。

 

私の場合も、依存性の高まらないよう経過を見ながら少しずつ量を減らし、最終的には睡眠剤を飲まなくても快適な眠りにつけるようになるのがベストだと教えてもらいました。

 

睡眠導入剤の副作用は少ないけど、依存性が高まると副作用の危険性は大きくなるということですね。

 

txt23_01

 

副作用にはどんな症状が出る?認知症の可能性は?

では、副作用にはどんな症状が出るのでしょうか?自分の依存性を高めないためにも、副作用の症状は知っておきたい!

 

先生によると、ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤の場合は吐き気症状怒りっぽくなる、薬が効かずさらに不眠になる、又は眠りが浅いので悪夢にうなされやすくなるなどの症状が出るとのこと。

 

依存性が高まると、起きている時に頭がぼんやりする、めまいや判断力の低下などにより日中の活動にも影響が出る可能性があり、さらに依存度と服用量が多くなるとうつ病などの併発も起こしかねないそうです。

 

6669344a58e2a5b73278f19cf8f72088_s

 

その他、薬の効果により筋肉も弛緩し、からだに力が入らない状態となります。この場合は、転倒の危険性が高まるので、夜中や起床してすぐの歩行に要注意!

 

いずれにせよ、医師の指示に従ってきちんと薬を飲んでいればあまり心配する必要はないそうですので、私もしっかりと先生の処方通りに薬を飲みます!と心に誓いました(笑)♪

 

SPONSORED LINK

 

ついでに、最近耳にした睡眠導入剤で認知症になる?という疑問も聞いてみましたが、先生に鼻で笑われました・・。

 

睡眠導入剤の副作用に、頭がぼんやりする、思考力や判断力の低下があるが、その症状を認知症と誤解したただのだろうとのこと。

 

高齢者が睡眠薬を常用した場合、認知症に似た副作用が出る場合もありますが、そもそもこの副作用と認知症は全く関係ないもののようです。

 

睡眠導入剤の副作用で、認知症になる可能性はないと知り、またまた一安心♪♪

 

txt25_03

 

睡眠導入剤は毎日飲むと危険?服用の注意点とは?

先生に最後に質問。『睡眠導入剤は毎日飲んで大丈夫でしょうか?』先生は、あきれもせずに丁寧に答えてくれました。

 

まずは、薬を必要とせずに眠れることが一番

 

しかし、私の場合は眠れない日が続いたせいで、日中にメマイを感じる他、拒食気味の症状などもありましたので、今は眠る習慣をつけ、体力を養うことが大事だそうです。

txt23_02

副作用の心配のない薬はほぼ無いので、やはり依存性の高まるリスクはあるが、きちんと処方に従って薬を飲むこと

 

薬が効かないからと多量に服用する、又は副作用が怖いからと毎日飲んでいた薬を急に中止するなどすると、かえって副作用に悩まされる結果になるそうです。

 

私の場合は、日常のストレスによる一時的な睡眠障害という診断でしたので、睡眠導入剤の服用で眠る時間も増えてきているのであれば、今後少しずつ処方の量も減らし、経過を見ていきましょう。とのことでした。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事が、私のように睡眠導入剤の副作用を不安に思っている人の役に立てれば嬉しいです。

 

medications-342462_640

 

もちろん、私もこの先服用を続けることで依存性が高まることは不安です。実際に薬を飲んでも眠りが浅い日もありますので、そんな日はもう一錠飲んでみようかな~と誘惑に負けそうな日もあります。

 

しかし今回、それは危険!!ということが分かりましたので今後も医師の処方量を守りながら、なるべく自分の眠りたいという意思を引き出せるよう、正しい服用を続けていきます!!

 

【関連記事】

睡眠導入剤の市販おすすめ品。処方か薬局どっち?種類と強さの比較

睡眠薬の種類と副作用。強さの表と効果について。高齢者に影響は?

 

不眠症にお悩みの方は、信頼のできる医師を見つけ自己判断で服用しない!ということを守ってくださいね♪私も薬の依存性が高まらないよう頑張ってみます!

 

SPONSORED LINK

関連記事

睡眠導入剤の市販おすすめ品。処方か薬局どっち?種類と強さの比較

眠りたいのに眠れない日が続くと、ツラいですね・・。私も、日々のストレスと年齢のせいか最近寝つきが悪く

記事を読む

睡眠薬の種類と副作用。強さの表と効果について。高齢者に影響は?

普段飲んでいる睡眠薬「よく眠れて便利だけど実際どれくらいの強さなんだろう?」とふと疑問に思うことあり

記事を読む

市販の睡眠薬で効くのは?薬局で買えるおすすめ品。ドリエルの値段

今や日本人の5人に1人と言われている不眠症。眠れない毎日を過ごす日々に、何とか眠れるようになりたいと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑