*

睡眠障害の治療方法と期間。何科で受診?治す費用と薬について

昔、とあるタレントさんが「眠れない時は眠らない、眠たくなったら寝たらいい。」と仰っていました。私の場合はそれで不眠が改善したので良かったですが、もし不眠などの症状が二週間以上続いていたらそれは睡眠障害なので治療が必要になるそうです。

 

睡眠は一日の疲れを癒し、明日の活力を得るために大切な物

 

睡眠障害について調べてみると、どこでも深刻になってしまう前に病院にかかることを勧めていました。ですがいざ受診するとして、いったいどこに行けばいいのでしょう?どんな治療をするのかも見当がつきません。

 

●睡眠障害の治療方法とは?薬は使用するの?
●病院は何科に行けばいいの?受診するなら?
●睡眠障害の治療期間。費用はどれくらいかかる?
●まとめ

今回は以上について調べてみました。

 

SPONSORED LINK

 

睡眠障害の治療方法とは?薬は使用するの?

一口に睡眠障害と言っても、症状は様々です。症状に合わせて治療を行います。

 

薬を使用しない治療

アルコールやカフェインその他生活習慣から来る不眠の場合、まずは医師からの睡眠衛生教育を受けることになります。

 

同じ時刻に起床する、規則正しい食事をする等、医師から具体的な睡眠に関する指導を受けられます。心強いですね!

 

また昼夜逆転しているような人に対しては、光による治療が行われます。高照度光を一定時間照射することによって、眠りの時間を矯正するのが目的です。

 

6669344a58e2a5b73278f19cf8f72088_s

 

薬を使用する治療

処方箋による睡眠薬には、以下の種類があります。

超短時間型(マイスリー、ハルシオン等)

短時間型(ブロチゾラム、ロルメタザパム等)

中時間型(フルニトラゼパム、エスタゾラム等)

長時間型(クアゼパム、フルラゼパム等)

 

医師が患者の話を聞き、これらの中から適切な物を選んで処方します。超短時間型、短時間型は慢性的でない不眠の際に使用されます。目覚めが良いのが特徴です。

 

中時間型、長時間型は、服用後効果が長いので、眠っても頻繁に目覚めてしまうような方に処方されます。

 

睡眠障害の治療方法と期間。何科で受診?治す費用と薬について

 

病院は何科に行けばいいの?受診するなら?

睡眠障害の種類によってかかる病院も違っているようです。代表的な物は以下の通りです。

 

・睡眠外来

・メンタルクリニック

・心療内科

 

内科、神経科、呼吸器内科などでも見てもらう事は可能ですが、これらは専門ではないので詳しく診てもらえない可能性があります。

 

精神科でも診断できますが、近頃は心療内科とほとんど変わらなくなって来ています。

 

doctor_monshin

 

できれば睡眠を専門とした病院で診てもらう事をお勧めします。

 

睡眠に関する専門外来は名前が様々あり、分かりにくい事がありますが、睡眠、不眠症、スリープ等、表現は変えていてもいずれも眠りに関する名前が付いていることがほとんどなので、そこで判断してみてはいかがでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

睡眠障害の治療期間。費用はどのくらいかかる?

病院によっては初診時必ず予約が必要な所もあります。人気のあるところではその予約を取るのに一か月程かかることもあるようです。

 

睡眠異常を正しく見極める為入院をする場合もありますので、入院の予約の事も考えると、そこからさらに一か月。ただし、再診の予約は難しくないようです。

 

睡眠障害の種類や度合いによって、治療の期間も大きく変わりますので自己判断はせず、医療機関に相談しましょう。

 

398658

 

また、生活習慣から来る不眠である場合、それを改善するための日数も考えると、睡眠障害の治療は長期間かかるものだと構えておく方がいいでしょう。長い目で見てゆっくり治療していきましょう!

 

費用は初診であれば3000~5000円。再診で3000円程です。

 

medical-563427_640

 

まとめ

睡眠障害はデリケートな問題です。辛い状態が長く続く場合は自己判断で薬を服用したりせず、早めに受診しましょう

 

少し敷居が高いような気がしますが、受診する前にどんな症状がどのくらい続くのか等メモを付けておくとスムーズに診断してもらえますよ。

 

症状によって受診する病院が変わるかもしれませんが、まずは睡眠外来にかかることをお勧めします。病院では詳しく話を聞いてくれますので、焦らずゆっくり治療していきましょう。

 

8e42037c6be04d8429885e3e610943b0_s

 

薬を処方された場合、眠れる様になると勝手に薬をやめてしまう事がありますが、それで逆に不眠が悪化してしまったというケースが多々あります。必ず専門の医師の指示に従い、徐々に薬を減らしていくようにしてください。自己判断は危険です!

 

【関連記事】

睡眠障害のチェック方法。症状や種類について。原因はストレスか?

睡眠薬の種類と副作用。強さの表と効果について。高齢者に影響は?

 

治療にお金はかかってしまいますが、日常生活に影響が出たり他の病気に移行してしまうのが一番怖いですよね。睡眠障害も、風邪や他の病気と同じように、早めに治療するのが肝心なようです。

 

自己流でこじらせてしまう恐れもありますので、放置せずにまずは病院へ!話を聞いてもらえるだけでも、症状が改善するかもしれませんよ!

 

SPONSORED LINK

関連記事

不眠症のチェックリスト。うつ病と症状の違い。病院に行くなら何科?

夜なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまうといったことでお悩みの方も多いと思います。でも、た

記事を読む

睡眠障害のチェック方法。症状や種類について。原因はストレスか?

眠れない、眠れない…そう思っている内に気が付くと朝。眠れないことがプレッシャーになって余計に眠れない

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑