*

寝起きの口臭の原因は?胃からくるドブくさい臭いを抑える予防対策法

今日はなかなかショックな事がありました。寝起きに、まだ寝ている子どもに近づいて、かわいさあまりにスリスリしていたら、起きた子どもに一言「口が臭い」と言い放たれました。えぇっ、口臭?!

 

「おじいちゃん、お口くさーい」っていうCMがありましたけど、まさか自分がこんなに早く子どもから口臭を指摘されるとは…。

 

でもまあ、寝起きだけだから大丈夫…ではないですよね。自分ではなかなか気づきにくいのかもしれません。言ってもらって良かったと気を取り直して、今回は寝起きの口臭について調べてみました。

 

●寝起きの口臭がクサイ原因。胃の病気の可能性は?
●ドブ川のような腐った臭いがする原因は?
●寝起きの不快な口臭を今すぐ抑える対策法は?
●朝の口臭を予防するには?マウスウォッシュ他おすすめ術

 

これらについて、わかったことをお伝えしたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

寝起きの口臭がクサイ原因。胃の病気の可能性は?

寝起きの口臭の原因のひとつは、口が乾燥することです。唾液には殺菌作用があって、口の中を清潔に保つ役割があります。

 

細菌は、口の臭いの原因となる物質を放出します。口の中の細菌の数は人によって違うのですが、眠っている間は誰でも唾液が少なくなるため細菌が増えるのです。

 

寝ている間に唾液が少なくなる原因としては、水分補給ができず唾液が減ってしまうということがあります。また、風邪や癖によって口呼吸になってしまっている場合、乾燥して唾液が減ります。

 

寝起きの口臭の原因は?胃からくるドブくさい臭いを抑える予防対策法

 

もう一つの寝起きの口臭の原因は、前の日の食事です。私も初めて知ってびっくりしたのですが、にんにくなどの臭いの強い食べ物を食べると、胃から臭いが上がってきているような気がしますが、それは違うらしいのです!

 

胃と食道の間には「噴門部」という蓋みたいなところがあって、食事している時以外は閉じていて、胃から臭いが上がるようなことは無いということです。

 

食べ物で口臭がするというのは、その食べ物が消化されて吸収された臭いの成分が、血液に運ばれて肺で空気(息)と混ざることで起こることなのだそうです。

 

だから、食事の直後でなくて胃が空っぽになってからでも臭いますし、寝起きの空腹時でもその臭いは残っているのですね。

 

1

 

これらの原因の他にも、病気が元で口臭がするということがもあります。

 

胃腸が関係する口臭もあります。消化がうまくいかずに食べ物が胃腸に残って腐敗することで、悪臭ガスが息に混ざって吐き出されて口臭となることがあります。

 

口腔疾患、例えば歯槽膿漏や虫歯、歯石や舌苔、唾液不足などによって、口臭がすることもあるようです。

 

また、ストレスで自律神経が乱れて自律神経失調症になった場合に不眠となり、それが続くことで更にストレスが起こり、胃の病気を起こしやすくなって酸っぱい臭いの口臭がするというようなこともあるようです。

 

また、意外なところでは鼻炎や蓄膿症(副鼻腔炎)によって鼻腔に膿がたまって、それが口臭の原因になることもあります。

 

 

ドブ川のような腐った臭いがする原因は?

ドブ川のような口臭というのも、あります。そもそもドブ川の臭いというのは、何の臭いなのかと調べてみました。

 

ドブの中にはヘドロがあります。ヘドロの中にある有機物を、嫌気性細菌という酸素がなくても活動できる菌が分解して腐敗させます。その時、硫化水素やメチルメルカプタンという物質を発生します。これらがドブ川の臭いの元だということです。

 

口の中の細菌が口臭の原因になる物質を放出する」と先ほど書きました。これは口の中で細菌が食べカスを分解して腐敗させ、ガスを発生させているのです。そのガスの中には、硫化水素やメチルメルカプタンが含まれているのです。

 

161038

 

つまり、ドブ川の中と同じようなことが口の中で起こっていて、同じ物質が発生しているのです。ちょっと嫌です。

 

硫化水素は、ゆで玉子のような臭いだと言われています。メチルメルカプタンは腐った玉ねぎのような臭いです。げっ、と思いますが誰の口でも起こることなのですね…。

 

2

 

また、歯周病があるときも、同じ成分のガスが作り出されます。歯周病がひどくなると、臭いも強くなっていくようです。

 

歯周病のときのガスには、硫化水素よりも臭いがきついメチルメルカプタンの割合が多いそうなので、玉ねぎが腐った臭いということですね。

 

オーラルケアの大切さを今ひしひしと感じています。なお、虫歯の場合も同様だそうです。

 

SPONSORED LINK

 

寝起きの不快な口臭を今すぐ抑える対策法は?

原因はわかりましたが、「もう今寝起きです。どうしましょう。」という時の対策が必要ですよね。朝起きてすぐに歯磨きをするのが効果的なんだそうです。

 

朝歯磨きする方は多いと思いますが、朝ごはんを食べてから磨きませんか?私もそうしていました。

 

でも、寝ている間に繁殖した菌を洗い流すということが目的なので、ご飯よりも前に磨くほうが良いそうです。歯磨きが無理ならば、せめて口をゆすぐといいそうです。

 

確かに考えてみれば、寝ている時に増えた菌がいっぱいの口でものを食べていたことになるのですよね。ゾッとします。

 

3

 

さらに、コップ一杯の水分をとるのもいいようです。水分補給して唾液を増やします。

 

また、ガムを噛んで唾液をたくさん出すのも有効です。歯磨きをした後だったら、キシリトール100パーセントのものならば虫歯に関しても安心です。今まで、ガムはミントの香味で息がすっきりすると思っていましたが、唾液を増やして菌を減らすという効果もあるのですね。

 

マウスウォッシュを使うという手もあります。口の中の細菌などを殺菌したり洗い流すということになりますが、マウスウォッシュの成分は唾液で洗い流されてしまうため、効果は持続しないので注意しましょう。

 

 

朝の口臭を予防するには?マウスウォッシュ他おすすめ術

では、寝起きの口臭を少しでも予防するにはどうすればいいのでしょう。まとめてみました。

 

寝る前に口の中の汚れや細菌の数を減らしておく

寝るときに減らしておけば、寝ている間に増殖するのも抑えられるということです。

 

このためには、歯磨きを丁寧にしたり、デンタルフロスを使うなどしてできるだけきっちりケアする必要があります。これはもちろん虫歯や歯周病の予防にも良いことなので、積極的に取り組みたいことです。

 

舌の汚れも、舌専用のブラシで取りましょう。歯ブラシだとブラシが硬すぎて舌に傷がつくことがあるので注意してください。マウスウォッシュを使って、歯ブラシで落とせない箇所の菌を殺菌しておくのも有効です。

 

でも、すべての菌が殺菌されるわけではありませんし、歯垢なども取れないので歯磨きなどと併用しましょう。

 

 

日頃から唾液を増やすように心がけることも大切です。そうすれば、元々の菌の数が少なくなるということなので、寝起きの口臭も軽減されます。

 

食事の時はよく噛んで食べる、口呼吸をやめる、水分を十分に摂るなども気をつけておくと唾液を増やすのに良いと思います。

 

 

就寝時の口の乾燥をなるべく防ぐ

加湿器濡れマスクなどをつかい、口の中の潤いを保つよう気をつけましょう。これはのどにも優しいので、風邪予防にもなりそうです。また、寝る前にもコップ一杯の水を飲むとよいそうです。のどがあまり乾かない冬でも、忘れずに水分補給しましょう。

 

c680c3784c644c67d0a347ca68e6dcf6_s

 

食事に気をつける

甘いもののカスは菌が好むため、寝る前にはひかえましょう。これは虫歯予防にも必要なことです。

 

また、先程も書いたとおり、臭いのきついものは、寝て消化されても息に残ってしまうので、寝起きの口臭が気になる時には食べないほうがいいということになります。

 

 

病気を治す

病気由来の口臭の場合ですが、何かおかしいなと思ったら、病院に行くことが大事だと思います。

 

fb4534dcf0b1c892521a9e4e63d5d88a_s

 

いかがだったでしょうか。今回調べてみて、寝起きの口臭にもいろいろな原因がある事がわかりましたが、それらがいくつか重なっている可能性もありますね。

 

私も鼻炎気味なのが原因かと思いましたが、さらにそれにともなって口呼吸で寝て唾液が不足しがちになっているのかも…。と思い当たりました。

 

【関連記事】
寝る前の食事は太る?寝る何時間前に食べるのが胃の消化や睡眠に良い?

 

対応策はどれも、口臭だけではなく歯周病や虫歯、風邪などの予防にもなる事が多かったので、日頃から気をつけて取り組みたいことばかりでした。少しでも口臭を軽減して、朝いちで子どもたちとたわむれたいと思います。

 

SPONSORED LINK

関連記事

5月~6月の花粉症の原因。アレルギーの種類と症状は?対策まとめ

花粉症といえば2月~4月がピークとされています。だんだんと暖かくなってくる季節にウキウキする反面、毎

記事を読む

風邪の時にマスクして寝る効果。喉の痛みに効く?鼻づまり対処法

大事な用事がある時なんかにかぎって、「あれ、喉になんだか違和感が・・・。」風邪をひくと本当に辛いです

記事を読む

黄砂の時期2016。いつからいつまで飛散する?期間とピーク予想

毎年暖かくなってくる頃になると「黄砂」という言葉をよく耳にしますね。 黄砂は主に、中国の内

記事を読む

歯石除去が痛い原因。取った後の痛み軽減法は?前歯や歯茎の緩和

歯石除去後は、少し痛みを伴う場合があります。歯の表面に付着した歯石を取るだけなのに、なぜ痛みがあるの

記事を読む

歯ぎしりの原因と治し方。マウスピースの効果とは?子供の対策法

とにかく歯ぎしりのウルサイ私の夫。どうにかならないものでしょうか?就寝してしばらくすると、ギリギリ…

記事を読む

夜中に目が覚める原因。何度も覚めたり眠れないのは病気?寝れる対策

子どもが生まれてからは、夜中でも、一緒に寝ている子どもの少しの気配で目が覚めてしまうようになりました

記事を読む

ヒノキ花粉の症状とは?スギ花粉との違いや特徴。市販薬で効くのは?

花粉症のかたにはつらいシーズンがやってきてしまいましたね。私も物心ついたころから花粉症で、気づくと鼻

記事を読む

歯石除去の費用と料金の相場。保険適用は可能?初診料はいくら?

お口トラブルの一つ、歯石。きちんと歯磨きをしていても、歯石を完全に防ぐことはできません。では、歯石除

記事を読む

歯石の除去を自分でする方法。市販の器具で自宅でできる取り方

歯周病や歯肉炎の原因ともなる歯石。きちんと歯磨きをしているはずなのに、いつの間にか歯石が・・・。&n

記事を読む

靴下を履いて寝るのは体によくない?風邪の時は?疲れや太るなど影響

靴下を履いて寝た方がいいのか、靴下は履かないで寝た方がいいのか。この件については私の中でははっきり結

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑