*

靴下を履いて寝るのは体によくない?風邪の時は?疲れや太るなど影響

靴下を履いて寝た方がいいのか、靴下は履かないで寝た方がいいのか。この件については私の中でははっきり結論が出ています。それは、「履かない方がいい」です。

 

なぜならば、その方が足でダイレクトに布団の感触を楽しめて気持ちが良いからです。しかし、これは私の感触フェチゆえの結論です。実際、体にとってはどちらがよいのかは知りませんし、考えたこともなかったです。そこで今回は、

 

■靴下を履いて寝るのはよくない?疲れは取れるの?
■靴下を履いたまま寝ると太るか?足が太くなるの?
■水虫やしもやけは治る?改善効果について
■風邪の時に靴下を履いて寝ると治りは早くなるか?

これらについて調べたことをお伝えします。

 

SPONSORED LINK

 

靴下を履いて寝るのはよくない?疲れは取れるの?

布団の感触云々を抜きにした場合、靴下を履いて寝ると足が温まって健康に良さそうなイメージがあります。

 

冷え性の場合は、足が冷えて冷えて眠れない、というお話も聞いたことがありますので、靴下を履いて足を温めて寝ているという方も多いのではないでしょうか。

 

では、履いて寝るのはよくない派がいるのはなぜでしょう。それは、次のような理由からです。

 

靴下を履いて寝るのは体によくない?風邪の時は?疲れや太るなど影響

 

まず、寝ている間にかいた汗が靴下の中で蒸れて足の体温を奪ってしまい、余計に冷えてしまうということです。

 

確かに、汗で濡れたTシャツなどを着たままでいると、寒くなってきますよね。寝ていて気づかない間にその状態になっていると、冷えてしまうかもしれません。

 

また、人間は手足から熱を放出して、体温を調整しています。子どもが暑いとすぐに靴下を脱ぐのも、自然と調節をしているのでしょうね。

 

体温が低くなってこないと、人は眠りに入ることができません。足を靴下で覆ってしまうと、体温調整がうまくできずに熟睡できないということが起こります。

 

17aff3fe0407209d4422de6fada7004e_s

 

熟睡という点で言うと、靴下のゴムなどの締め付けも問題になることがあります。寝ているときは体が敏感に反応するので、靴下の刺激があるだけで熟睡できないことがあるようです。熟睡できないと疲れも取れませんよね。

 

とはいえ、足が冷たくて眠れないの!という方もおられると思います。

 

その場合には、吸湿性と放湿性に富んだ素材であるシルクでできた靴下がおすすめです。綿のものは、吸湿性は良いのですが、汗を放出しないので蒸れやすくなります。

 

 

さらに、五本指ソックスで指の間の汗も吸って蒸れを抑えたいところです。もちろん、締め付けないものを選びましょう。

 

 

靴下を履いたまま寝ると太るか?足が太くなるの?

靴下を履いたまま寝ると太るという噂を聞いたことがありますか?私は聞いたことがなかったのですが、今回調べていると、よく目にしました。なぜそのような話になるのでしょうか。

 

靴下を履いていると、靴下のゴムで足首を締め付けます。すると、血液の流れを妨げてしまいます。起きている時ならば、足を動かすのでそこまで血流が悪くなることはないでしょう。でも、寝ているときはほとんど足を動かしません。

 

血流が悪くなるということは、体の老廃物を外に出しにくくなるということになります。これは、代謝が落ちたということです。代謝が悪くなって体にたまった老廃物などにより、むくみを引き起こします。

 

1a7f3edbc7b9073f5c93e52814dfbf3c_s

 

むくみがひどくなると、血管などを圧迫するため、いっそう血流が悪くなり、その結果冷え性もひどくなります。そのせいでまた代謝が落ちる・・・と、ひどい悪循環に陥ってしまいます。

 

代謝が悪いということは、太りやすい体になっているということです。また、足がむくむと、足が太くなってしまったように見えるでしょう。

 

あながち、根拠の無い話ではないようです。

 

SPONSORED LINK

 

水虫やしもやけは治る?改善効果について

では、足に異常がある時に、靴下を履いて寝るのはどうでしょう。まず、水虫になっている場合について。

 

水虫は、白癬菌というカビの一種が原因となって起こる皮膚の病気です。白癬菌は、高温多湿な環境が好きです。だから、年中靴を履いたりして蒸れやすい足によく発症します。

 

皮膚の表面に汗や汚れが残っていると、皮膚がアルカリ性環境になります。これも白癬菌が繁殖しやすい状態です。

 

 

寝るときに靴下を履くと、先述の通り足は蒸れやすくなります。また、入浴で清潔になった足でも、靴下の中で汗をかいてしまうと、アルカリ性環境になってしまいます。

 

水虫になっている場合は、靴下を履いて寝ると悪化させてしまう可能性があります。靴下は脱いで寝るほうがよいでしょう。

 

03

 

次に、しもやけになっている場合について。しもやけは、季節の変わり目など、一日の中での気温変化が大きい時期に起こりやすいようです。

 

体の体温調整機能により、寒い時は、血管を縮めて血流量を減らすことで皮膚の温度を低く保って、体内の熱を逃がさないようにします。暑い時には、血管を広げて血流量を増やし、皮膚の温度を高くしたり汗をかいたりして熱を逃します。

 

一日の気温変化が大きいと、この「寒さ」「暑さ」の刺激が繰り返し起こるため、血管の収縮や弛緩も繰り返し起こり、それによって血行が悪化してしまいます。

 

 

特に、手足の末梢の血管では、血行の調整がしにくくなって、赤くなったりかゆくなったりというしもやけになります。しもやけを予防するには温めることが大切です。

 

それならば、靴下を履いていたほうがいいのではと思いますが、それは起きている時の話です。

 

寝ているときには足が蒸れて冷えてしまうことと、締め付けによる血行不良が起こることは前述した通りですので、これもしもやけになってしまっている足には悪い環境といえます。

 

しもやけの場合も、靴下は脱いで寝たほうがいいでしょう。

 

c680c3784c644c67d0a347ca68e6dcf6_s

 

風邪の時に靴下を履いて寝ると治りは早くなるか?

風邪の回復には、十分な睡眠が大切です。靴下による締め付けが小さな刺激となって、熟睡を妨げることがあるので、風邪の時には靴下を履かずに寝たほうがよいでしょう。

 

04

 

基本的に、靴下は履かずに寝たほうが体には良さそうだということがわかりました。

 

でも、冷え性などで足が冷たくて眠れないという場合には、足を冷やさず締め付けないシルクの5本指などの靴下を使用すれば、靴下を履いて寝ても不都合はなさそうです。

 

【関連記事】

風邪の時にマスクして寝る効果。喉の痛みに効く?鼻づまり対処法

 

私も、これからも健康的に布団の感触を楽しみつつ眠ることができそうでうれしいです。

 

SPONSORED LINK

関連記事

ヒノキ花粉の時期。ピークはいつまで?関東と関西の飛散状況2016

なんだか最近、鼻がムズムズ・・・風邪ではないし・・・ま、まさかもう花粉の時期?暖かい春を待ちわびてい

記事を読む

黄砂の時期2016。いつからいつまで飛散する?期間とピーク予想

毎年暖かくなってくる頃になると「黄砂」という言葉をよく耳にしますね。 黄砂は主に、中国の内

記事を読む

歯石の除去を自分でする方法。市販の器具で自宅でできる取り方

歯周病や歯肉炎の原因ともなる歯石。きちんと歯磨きをしているはずなのに、いつの間にか歯石が・・・。&n

記事を読む

セロトニンが不足する原因。症状の種類とチェック法。解消するには?

最近どうも気持ちが低迷しがち。夜も寝入りが悪いし目覚めも悪い。ストレスが溜まっているのかな。もしかし

記事を読む

寝る前に牛乳を飲むと背が伸びる?効果検証。歯磨き後は虫歯になる?

カルシウムやたんぱく質を多く含む牛乳は、たくさん飲むと背が大きくなると聞きます。 息子の身

記事を読む

むずむず脚症候群の原因と治療方法とは?漢方やツボによる改善方法

足の表面ではなく内部の方でなんだかむずむず、ちりちりと虫が這っているような疼きや痛みなどの不快な症状

記事を読む

ヒノキ花粉の症状とは?スギ花粉との違いや特徴。市販薬で効くのは?

花粉症のかたにはつらいシーズンがやってきてしまいましたね。私も物心ついたころから花粉症で、気づくと鼻

記事を読む

夜中に目が覚める原因。何度も覚めたり眠れないのは病気?寝れる対策

子どもが生まれてからは、夜中でも、一緒に寝ている子どもの少しの気配で目が覚めてしまうようになりました

記事を読む

風邪の時にマスクして寝る効果。喉の痛みに効く?鼻づまり対処法

大事な用事がある時なんかにかぎって、「あれ、喉になんだか違和感が・・・。」風邪をひくと本当に辛いです

記事を読む

寝る時のエアコン設定温度。夏や冬は何度が最適?赤ちゃんがいる場合

日本には四季があって、折々の風物があって、それが私は大好き。だけど実は、暑さ寒さにはめっぽう弱いんで

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑