*

睡眠時間が短いと影響で痩せる?太る?寿命に関係は?対策と起きる方法

日本人は、世界の人の中でも睡眠時間が短いそうです。睡眠時間が短いと何かからだに影響あるのでしょうか?痩せやすさや太りやすさは、睡眠時間に関係あり?睡眠時間が短すぎると、病気になりやすいの?など。

 

今回は、睡眠が、からだにもたらす影響についてまとめてみました。

●睡眠時間が短いと影響は?痩せたり太ったりするか?
●短い時の基礎体温は低い?病気や寿命への影響は?
●時間が短くなった原因。時間を長くする対処法は?
●少ない睡眠時間でもスッキリ起きるコツとは?

 

自分の睡眠に不満のある人や、毎日の体調がイマイチと感じる人、痩せたり太ったりする原因が睡眠と関係あるのか気になる人などにとっておきの情報です!是非、参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

 

睡眠時間が短いと影響は?痩せたり太ったりするか?

人の睡眠時間は、1日何時間とれば良いのでしょうか?一般的に、成人であれば8時間の睡眠が理想とされています。しかし、この理想の8時間睡眠を毎日確保できている人は、意外と少ないのではないでしょうか?

 

理想は8時間ですが、生活環境や体調などにより6~7時間の睡眠という人が日本人の大半を占めているようです。中には、毎日5時間やそれ以下の睡眠時間という人もいるかもしれません。

 

睡眠時間が短くても、その人の体調に問題なければたとえ5時間でもその人にとっては理想の睡眠時間と言えます。しかし毎日の生活にダルさやフラツキを感じる、からだや顔にむくみを生じるような場合は睡眠時間の不足が原因かもしれません。

 

睡眠時間が短いと影響で痩せる?太る?寿命に関係は?対策と起きる方法

 

また、痩せたり太ったりする原因も、睡眠時間が関係します。

 

ダイエットしているのに、なかなか痩せないという人は睡眠時間が短くありませんか?もちろん、極端に睡眠時間の短い人はやせ細る傾向にありますが、この場合は健康も害する恐れがありますので要注意です!

 

ですが、健康を害するほどの極端に短い睡眠時間でなければ、逆に睡眠時間の短さが太りやすい体質を作る原因ともなり兼ねません。

 

98c215569fc2126b3f3ea8c45bd170fd_s

 

ここで疑問に思うのが、なぜ睡眠時間が短いと太りやすくなるのか?理由は、様々あります。

 

まずは、睡眠時間が短い=起きている時間が長いということですね(^^;)起きている時間が長いということは、食事も1日3食に留まらず、もしかしたら4食や5食を口にしていませんか?

 

睡眠時間が短いことで太りやすくなる一つの原因は、食生活のバランスの悪さと言えます。

 

 

その他にも、睡眠不足でからだの代謝が悪くなることも原因としてあげられます。

 

からだの代謝が悪ければ、からだの代謝が高い人と同じものを食べて同じ動きをいていたとしても、エネルギーの消費量が違いますので、代謝の悪い人は太りやすくなるのです。

 

短い時の基礎体温は低い?病気や寿命への影響は?

前の項目で、睡眠時間の短い人はからだの代謝が悪くなることを説明しましたが、からだの代謝が悪ければ基礎体温も上がりにくくなります。

 

基礎体温は、私たちが生きていく上で最低限必要なエネルギーを使っている時の体温です。女性にとっては、妊娠にも大きく関係しますし、基礎体温が低い人は免疫力も弱まりますので風邪などの病気にもかかりやすくなります。

 

SPONSORED LINK

 

基礎体温が低い人は病気になりやすい。では、基礎体温が低ければ寿命も短くなる?・・・しかし、実はそうとも限りません。

 

ある統計によると、長寿の人は高体温の人よりも低体温の人の割合が多いという結果でした。この矛盾は、一体どういうこと??

 

調べてみたところ、代謝が高い人は免疫力も高まりますが、その分細胞分裂を多く繰り返します。

 

人間の生涯の代謝量はある程度数が決まっているそうです。細胞分裂が早いために生涯代謝量を使い切るスピードも速くなり、寿命も短くなるという結果につながるようです。

 

dcb02858f6899d0008c4dd243d28e4bc_s

 

ただ毎日の生活では、基礎体温が低いより高い方が良いことに変わりはありません。理想的な基礎体温を維持するには、1日平均7時間半の睡眠が必要と言われています。

 

下の動画でも、短い睡眠時間が心身に与える影響について詳しく解説しています。

 

時間が短くなった原因。時間を長くする対処法は?

50年前は、日本人の平均睡眠時間も8時間を超えていましたが、現代の日本人の平均睡眠時間は7時間程度とされています。

 

睡眠時間が減った理由とは?

これは、様々な要因が考えられますが、1つは24時間営業のコンビニやスーパーカラオケ店インターネットやゲーム機などの普及が考えられます。

 

夜遅くまで起きていても、楽しめることがたくさんありますので、子供から大人まで全体的に睡眠時間が減っているのが現状です。また、ストレスなどの心理的要因で、不眠に悩む人も増加傾向にあります。

 

 

睡眠時間を長くするためには、まず生活のリズムを整えることが大事です。寝る前に、スマートフォンやゲーム機などを扱うと、目やからだの神経が興奮してしまい眠りが浅くなります。

 

からだをリラックスさせるためには、ぬるめのお湯に浸かってゆっくりと入浴を済ませ、そのまま就寝するのが理想的です。

 

2a9be0147950b31275f749ea95c16b84_s

 

自分の睡眠時間が短めの人は、少しでも理想の睡眠時間に近づけるよう生活のリズムを見直してみてくださいね。

 

少ない睡眠時間でもスッキリ起きるコツとは?

どんなに生活習慣を見直しても、仕事や家庭環境などで充分な睡眠時間を確保できない人もいることでしょう。

 

私も朝の子供の弁当作りのため5時半に起床し、夜は帰りの遅い主人の帰宅を待つためにどうしても23時半~0時半の就寝となります。平均的な睡眠時間は5~6時間です。

 

きっと、私のような生活スタイルの人も多いのではないでしょうか?少ない睡眠時間でも、健康を保ってスッキリ目覚めたいですね♪

 

28f9f2e92b4a7ed8e6c721f8ddd64ad5_s

 

スッキリ起きるコツとは?

スッキリ目覚める為には、自分の睡眠の質を高める必要があります。一番、手っ取り早い方法は、からだに夜と朝を認識させること!

 

太陽の光が、私たちのからだにとってもっとも朝と夜を区別しやすくする方法です。就寝する時は、カーテンを閉め消灯してから寝る。朝起きたらカーテンを開けて太陽の光をからだに浴びる。これだけで、わりと効果はあります。

 

簡単なことですが、意外と電気やテレビをつけっ放しで寝る人も多いのでは?

 

からだと脳をゆっくり休ませるためにも、就寝時は部屋を暗くする、起床時には太陽の光を一番に浴びることがスッキリ起きる基本です。

 

【関連記事】

睡眠時間が長い原因。病気や寿命に影響は?起きれない人の改善法

睡眠時間の理想。年代別で何時間?中学生や高校生。20代や30代他

 

いかがでしたでしょうか?睡眠時間がからだに及ぼす影響についてまとめましたが、少ない睡眠時間で快適に過ごせればそれが一番かもしれません。

 

自分の生活リズムと合わせて、自分が健康に過ごせる睡眠時間を見つけてみましょう。規則正しい生活リズムであれば、短い睡眠時間でも睡眠の質は高まります。

 

SPONSORED LINK

関連記事

寝言で叫ぶ原因。笑うのや怒るのはなぜ?話しかけるのがダメな理由

最近、横で寝ている夫の寝言が気になります。急に意味不明の寝言を言い、起きているのかと思えば、そのまま

記事を読む

夜型生活のデメリット。妊娠中や健康への影響は?朝方に改善する方法

夜型生活や夜型人間なんて言葉がありますよね。自身で取り上げておきながらこの言葉、かなり不健康でダーク

記事を読む

身長と睡眠時間の関係。成長ホルモンの出る時間帯は?何時間寝る?

「早く寝なさい!たくさん寝る子は大きくなれるんだよ。」なんて子供のころによく言われませんでしたか?&

記事を読む

風呂は寝る何時間前が睡眠に良い?入浴の温度や時間。痩せる効果は?

私は家族の中で最後にお風呂に入ります。ゆっくり浸かれるのとその後のお風呂掃除もスムーズなので自分から

記事を読む

寝る前の食事は太る?寝る何時間前に食べるのが胃の消化や睡眠に良い?

眠る直前の食事、深夜の夜食…なんとも魅力的ですよね。ですが「それって太るよね!」「眠れなくなるんじゃ

記事を読む

睡眠不足の影響とは?吐き気など症状の対処法。肥満との関係は?

最近、睡眠不足に悩む私。仕事と家事の両立をちゃんとしようとすればするほど、睡眠時間は削られる一方・・

記事を読む

寝る前のストレッチで快眠効果は?寝つき良く熟睡できるやり方の動画

最近、私は寝る前に友人から教わったストレッチを始めました♪寝る前にストレッチをすることで、快眠効果が

記事を読む

不眠症のチェックリスト。うつ病と症状の違い。病院に行くなら何科?

夜なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めてしまうといったことでお悩みの方も多いと思います。でも、た

記事を読む

二度寝しない方法。朝寝しない防止策は?睡眠の効果と体の影響

二度寝の経験は誰にでもある事だと思います。学生の頃は早めに目覚ましをかけていても「あと五分、あと五分

記事を読む

寝過ぎで頭痛の治し方。吐き気の対処法は?気持ち悪いを今すぐ解消

休日はついつい寝過ぎてしまう、なんてことありますよね。睡眠時間をたっぷりとって、日頃の疲れもすっきり

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑