*

仮眠方法の効果的な取り方は?徹夜や夜勤でのコツと起きれない時

仕事や勉強に追われてうっかり徹夜、日中頑張りたいのに頑張れない。そんな時ってありませんか?夜十分に眠れていないと辛いですよね。ついついだらけてしまいます。こんな時は無理をせず、仮眠を取るのが一番です。

 

だけど仮眠をしたのに体にだるさが残っていたり、寝すぎて頭が働かなくなることもありますよね。また昼に深く眠ってしまったせいで、夜眠れなくなってしまったら本末転倒です。

 

そこで効果的に仮眠を取るための方法を調べてみました。

●仮眠の意味とは?効果はあるの?
●勉強で徹夜や夜勤前の仮眠方法。取り方のコツとは?
●仮眠時間はどのぐらいが最適なの?
●仮眠すると起きれない!対処法はどうする?

 

日常生活に仮眠を上手に取り入れて、快適な一日を過ごしましょう。

 

SPONSORED LINK

 

仮眠の意味とは?効果はあるの?

仮眠を取ることによって以下のような効果があると言われています。

○ 疲労の回復
○ ストレス解消
○ 記憶力の向上

 

また右脳が活発になるという研究結果もあり、学校や会社によっては積極的に仮眠を取り入れている所もあります。仮眠を取る事によって頭がリフレッシュし集中できるのです。

 

仮眠方法。効果的な取り方は?徹夜や夜勤でのコツと起きれない時

 

健康面でも心臓病のリスク低下や、血圧を下げる効果があることも分かっています。

 

勉強で徹夜や夜勤前の仮眠方法。取り方のコツとは?

深夜の作業中、特に眠くなるのは午前2時から4時頃

 

この時間は体温が下がり脳の活動も弱くなるので、眠くなるのは当然です。徹夜をする時は完徹を目指さず、この時間帯に小刻みな仮眠を取ることをお勧めします。

 

もともと眠りに適した時間なので、質の良い仮眠が取れ、高い効果が得られます。

 

逆に眠りにくいのは午後7時から9時の間。この時間は体が活発に動こうとしているので眠りにくく、また眠れたとしても十分な効果が得られない恐れがあります。

 

SPONSORED LINK

 

夜勤の場合は勤務開始前までに仮眠を取っておくものですが、いざ眠ろうと思ってもなかなか寝付けないもの。

 

少しでも眠りやすくするために、眠る前から部屋を暗くしおき、騒音を避け、リラックスして過ごすようにしてください。そうすると体の修復を担う副交感神経が働くようになり、眠りやすくなります。

 

また眠る前にする事(パジャマに着替えるなど)のパターンをなぞるとそれが入眠スイッチとなり、より眠りやすくなります。

 

9a6e93c2b5661d14af2abc17836c9f59_s

 

私はすでに読み終えている本を読むことにしています。(新刊を読むと続きが気になって眠れなくなるのでオススメしません!)

 

仮眠時間はどのぐらいが最適なの?

最適な仮眠の時間は15分~20分程だと言われていますが、生活パターンによって時間を変えるのもいいでしょう。

 

1分間

時間がないと言う人におすすめ。ほんのわずかな時間でも目を閉じて情報をシャットアウトすることで、脳の負担が減り休むことができます。

 

10~20分間

食事休憩中などに。なぜ20分までなのかというと、30分を過ぎると深い睡眠に入ってしまうため、目覚めにくくなるからです。

 

90分間

少し時間が取れる場合や夜勤前などにおすすめ。

 

浅い眠りから次第に深い眠りへ移行し、また浅くなるまでのサイクルがおおよそ90分間と言われています。90分間の睡眠だと、一度熟睡状態に入れるので、体だけではなく脳も休めることができます。

 

9fab06d448f22f3f44d4a1c4f4e1cefd_s

 

また目覚める際も、浅い眠りの状態で目覚めることができるので、体への負担が少なくて済みます。

 

仮眠すると起きれない!対処法はどうする?

仮眠をする際は仰向けにならず、机に突っ伏すようにしてうつぶせに眠るといいでしょう。ソファやこたつに横になって仰向けに眠るのはNGです。熟睡してしまいます。

 

私はアラームのセットはもちろんですが、仮眠する前にコーヒーを飲むことにしています。コーヒーにはカフェインが入っており、眠れなくなるイメージですが、実際にカフェインが効果を発揮するのは摂取後約20分頃から。

 

txt14_01

 

つまりもう起きなければいけないという頃に効いてくるので、目覚めの助けになってくれます。コーヒー以外にも、紅茶や緑茶、ココアにも同様の効果があります。

 

よっぽど疲れていない限り、私はアラーム前に目覚めています。カフェインのおかげですね。どうぞ試してみてください。

 

【関連記事】

昼寝で頭痛になる理由。原因と治し方は?吐き気やだるい時の対処法

 

うまく眠れなかった!という場合でも、目を閉じているだけで仮眠と似たような効果を得ることができます。アイマスクや耳栓などを使うと効果絶大ですよ!

 

SPONSORED LINK

関連記事

寝る前のストレッチで快眠効果は?寝つき良く熟睡できるやり方の動画

最近、私は寝る前に友人から教わったストレッチを始めました♪寝る前にストレッチをすることで、快眠効果が

記事を読む

寝る前の食事は太る?寝る何時間前に食べるのが胃の消化や睡眠に良い?

眠る直前の食事、深夜の夜食…なんとも魅力的ですよね。ですが「それって太るよね!」「眠れなくなるんじゃ

記事を読む

睡眠時間が短いと影響で痩せる?太る?寿命に関係は?対策と起きる方法

日本人は、世界の人の中でも睡眠時間が短いそうです。睡眠時間が短いと何かからだに影響あるのでしょうか?

記事を読む

赤ちゃんの寝汗対策。頭だけすごい時は?着替えタイミングや冬の布団

赤ちゃんを育てている親が必ず悩むものと言えば、赤ちゃんが寝るときのことですよね。愚図ってなかなか寝て

記事を読む

睡眠不足の影響とは?吐き気など症状の対処法。肥満との関係は?

最近、睡眠不足に悩む私。仕事と家事の両立をちゃんとしようとすればするほど、睡眠時間は削られる一方・・

記事を読む

寝過ぎで頭痛の治し方。吐き気の対処法は?気持ち悪いを今すぐ解消

休日はついつい寝過ぎてしまう、なんてことありますよね。睡眠時間をたっぷりとって、日頃の疲れもすっきり

記事を読む

寝つきが悪い時の対策。赤ちゃんの眠れない原因と寝かしつけのコツ

育児の悩みのひとつに「赤ちゃんの寝つきが悪い」というのがありますよね。 赤ちゃんがなかなか

記事を読む

睡眠時間が長い原因。病気や寿命に影響は?起きれない人の改善法

睡眠時間の不足が問題視されることの多い日本人ですが、中には長い時間眠る人も当然います。睡眠時間の長い

記事を読む

睡眠時間は3時間で大丈夫?4~5時間で目が覚める理由と健康の影響

近頃、「3時間睡眠」という言葉をよく耳にします。睡眠時間をうまくコントロールして好きなことに費やす時

記事を読む

夜型生活のデメリット。妊娠中や健康への影響は?朝方に改善する方法

夜型生活や夜型人間なんて言葉がありますよね。自身で取り上げておきながらこの言葉、かなり不健康でダーク

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑