*

5月~6月の花粉症の原因。アレルギーの種類と症状は?対策まとめ

花粉症といえば2月~4月がピークとされています。だんだんと暖かくなってくる季節にウキウキする反面、毎年の花粉症の症状にうんざりしている人も多いはず。

 

でも、やっと花粉症の季節が終わった!と思ったら「あれ?5月や6月になってもなんだか花粉症状が治らない・・・!」なんて人も。5月~6月に花粉症状が現れる原因って一体何なのでしょうか?今日は、

 

●5月や6月の花粉症の原因。関東や関西ほか地方では?
●この時期のアレルギーを起こす花粉の種類とは?
●5月・6月の花粉症の症状とは?
●対策法は何がある?おすすめグッズを教えて!

について調べてみました。

 

SPONSORED LINK

 

5月や6月の花粉症の原因。関東や関西ほか地方では?

花粉症は約50種類もの植物が原因とされていますが、その代表的なのが「スギ花粉」です。しかし、スギ花粉が飛ぶとされている時期は2月~4月といわれ、それ以後は収まってくるはず。

 

5月~6月まで花粉症の症状が続く人や、このころから花粉症になる人がいるその原因とは何でしょう?

 

5月~6月の花粉症の原因。アレルギーの種類と症状は?対策まとめ

 

その原因は、カモガヤなどの主にイネ科の植物シラカンバ(別名:シラカバ。カバノキ科の植物)などです。これらの花粉が飛散し始める時期が5月~6月頃になります。

 

花粉症の発症時期が遅い人は、これらの花粉が原因の可能性があります。

 

hayfever_56_002
(出典元:http://michikusanojikan.at.webry.info/)

 

関西や中国地方、九州などではカモガヤなどのイネ科の花粉症が多くなっていますが、関東ではイネ科の植物に加え、スギよりも時期が遅れて飛ぶヒノキも一因と考えられます。

 

そして全国的に様々な花粉症がみられますが、特に関東に花粉症が集中しています。また、北海道ではスギ、ヒノキの花粉症はほとんどありませんが、そのかわりにシラカンバ花粉症が多くみられます。

 

hayfever_56_003

 

この時期のアレルギーを起こす花粉の種類とは?

春先に花粉症が大丈夫だったのに、5月あたりから症状が出た!」という人は「カモガヤ」などのイネ科の植物が原因の可能性があります。

 

イネ科で花粉が飛ぶ植物は、「オオアサガエリ」「ハルガヤ」「ホソムギ」「スズメノカタビラ」などがあり、全国各地で飛んでいますが、「カモガヤ」の花粉が最も多いようです。

 

hayfever_56_004

 

春先も症状があったけれど、5月6月になっても収まらない!」という人は、スギやヒノキなどの花粉症に加え、イネ科の花粉症の可能性もあるかもしれません。シラカンバもスギやヒノキほどの症状はないにしろ、花粉症になる場合があります。

 

ちなみに、スギは北海道にはほとんど生息しておらず、ヒノキは関東より南に生息しており、シラカンバは関東より北に生息しています。

 

SPONSORED LINK

 

5月・6月の花粉症の症状とは?

症状は春の花粉症と同じで、鼻水鼻づまりくしゃみ目の痒みなどが主な症状といえます。

 

シラカンバが原因の花粉症患者の何割かは、りんごや苺、柿、サクランボ、キウイ、メロン、梨、桃などといった果物を食べると口の中がかゆくなったり、腫れたりといったアレルギー症状が起こる場合があります。

 

 

その原因は、果物のタンパク質と、シラカンバ(カバノキ科)の花粉のタンパク質が類似していて、花粉に反応する人はこれらの果物にも反応してしまうからなのだそうです。

 

ですから、シラカンバ花粉症の患者が生の果物を食べるときは、特に注意が必要です。

 

また、イネ科の花粉症の場合は、咳がなかなか治まらずにそのまま花粉喘息になってしまうケースもあるそうなので注意が必要です。花粉症の症状がひどい場合は、早めに病院を受診しましょう。

 

hayfever_56_005

 

対策法は何がある?おすすめグッズを教えて!

花粉症の主な対策は以下になります。

 ✔ テレビやインターネットで天気や花粉情報を毎日チェック。
✔ 洗濯物は外に干さず室内干しで花粉の付着を防ぐ。布団も外に干さない。
✔ 空気清浄機を活用する。
✔ 用のない外出はなるべくしない。
✔ 外出時に体に付着した花粉をはらい、室内に持ち込まない。
✔ 外出から帰ったら、目についた花粉やほこりを市販の人工涙液などで洗い流す。
✔ 普段からきちんと睡眠をとり、目が疲れを感じる前に意識的に目を休める。
✔ コンタクトレンズの使用は控え、メガネを使用する。
✔ バランスのよい食事をとる
✔ 鼻の中の異物を洗い流す(鼻洗浄など)。
✔ 部屋を加湿する。

 

ちなみに、花粉の季節に絶対必要なマスクは、アレルギー用のマスクを購入しましょうね!そのほかの花粉症おススメグッズを参考までに載せておきます。

 

スカッシー スマート2 レギュラータイプグレー(花粉用メガネ)

今ではもうおなじみ「花粉用めがね」は効果抜群です。

 

 

 

「アレルシャット 花粉 鼻でブロック チューブ入 30」(フマキラー)

鼻腔に塗るだけで花粉やハウスダストの吸入をブロックしてくれます。マスクいらずで煩わしさからも解放されます。

 

 

 

「ハナクリーンS 鼻洗浄器」(ケンコーコム)

刺激が少なくお子さんや妊婦の方も安心して使用できます。

 

 

 

「プリビオ乳酸菌」

花粉症克服は体質改善から!健康志向の女性にも人気です。

 

 

 

hayfever_56_006

 

まとめ

今年も来てしまった花粉の季節。自分の花粉症の原因は何なのか、どんな対策があるのかを知り、しっかり実行することで症状も軽くなるはずです。

 

【関連記事】

ヒノキ花粉の時期。ピークはいつまで?関東と関西の飛散状況2016

 

最近では、体質改善をすることで花粉症の症状が和らぐともいわれています。まずは規則正しい生活から、そしてしっかりとした花粉症対策を心がけましょう。

 

SPONSORED LINK

関連記事

ヒノキ花粉の症状とは?スギ花粉との違いや特徴。市販薬で効くのは?

花粉症のかたにはつらいシーズンがやってきてしまいましたね。私も物心ついたころから花粉症で、気づくと鼻

記事を読む

靴下を履いて寝るのは体によくない?風邪の時は?疲れや太るなど影響

靴下を履いて寝た方がいいのか、靴下は履かないで寝た方がいいのか。この件については私の中でははっきり結

記事を読む

黄砂の時期2016。いつからいつまで飛散する?期間とピーク予想

毎年暖かくなってくる頃になると「黄砂」という言葉をよく耳にしますね。 黄砂は主に、中国の内

記事を読む

セロトニンが不足する原因。症状の種類とチェック法。解消するには?

最近どうも気持ちが低迷しがち。夜も寝入りが悪いし目覚めも悪い。ストレスが溜まっているのかな。もしかし

記事を読む

セロトニンを増やす方法。食べ物で有効な食材。薬で増やすなら?

前の記事で、セロトニンについて勉強してきました。基本的なことはもう大丈夫ですね!こちらでは、超具体的

記事を読む

グリシンの睡眠効果と副作用。摂取量や飲む時間は?飲み方のコツ。

睡眠、足りていますか?気持ちよく熟睡し、朝快適に目覚めて活動できることは、生活の基本です。 

記事を読む

風邪の時にマスクして寝る効果。喉の痛みに効く?鼻づまり対処法

大事な用事がある時なんかにかぎって、「あれ、喉になんだか違和感が・・・。」風邪をひくと本当に辛いです

記事を読む

歯石除去が痛い原因。取った後の痛み軽減法は?前歯や歯茎の緩和

歯石除去後は、少し痛みを伴う場合があります。歯の表面に付着した歯石を取るだけなのに、なぜ痛みがあるの

記事を読む

寝る時のエアコン設定温度。夏や冬は何度が最適?赤ちゃんがいる場合

日本には四季があって、折々の風物があって、それが私は大好き。だけど実は、暑さ寒さにはめっぽう弱いんで

記事を読む

歯石の除去を自分でする方法。市販の器具で自宅でできる取り方

歯周病や歯肉炎の原因ともなる歯石。きちんと歯磨きをしているはずなのに、いつの間にか歯石が・・・。&n

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑